So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

マルクスは読んでもしょうが無い 続 [その他7]

 と言うか実際、

W-G-W

 これはまあぎりぎり分かる。と言ってもこれ単に物々交換じゃなくて貨幣を媒介して取引しましたという図式であって、法則かと言われるとちょっと・・・。

G-W-G+ 

 もうこれは絶対分からない。取引したら運良く利益が出た結果の模式図でしか無くて、お金が増えることは約束も保障もされてないよね?流通の中で剰余価値が付加されるのだッ!!とか言われても、それは取引が上手くいったからであって、何故かお金が減ることとか、売れずに在庫の山になって憤死とかよく有るじゃ無いの。

 でもその一方で、その価値がどこから出てくるのかマルクスもよく分からなかったのか、恒常的に利益が出てくる仕組みが分からなかったみたいで、それはもちろん当たり前で恒常的に利益が生まれる仕組みなんか無かったからで、つまり「恒常的に利益が出る」と言う所が間違っていたのだが、そこでどんなところにも出てくる「人間が労働する」が利益の源泉であるとしたのだな。もちろんこれは間違っていて、「石に労働を加えてもバナナにならない」から始まって皆が批判しているので良いだろう。

 と言うか、必要労働と剰余労働の話でもそうだが、何か事業をやると利益が出ることが前提で、その利益をどう分配するかと言う話しかしていない!!だから共産党がバラマキと大企業から毟ることしか言わないのだが、それは共産党がバカだからと、資本論がそもそもそういう間違った前提で書いてあるからなんだな。まあ当時のイギリスの工場とか見てたら、なんか事業を興せば絶対に儲かるじゃん!!と思ってしまったのも仕方の無いことかも知れないが。
 と言うか根本的に階級闘争ってやってしまったのが全て間違いなんだな。ロシアや中国を見れば分かる通り、階級闘争しても新たな支配階級が出来るだけだし。「投資出来る人」と「出来なくて働くしかない人」で別けるべきで、つまり階級って言っちゃうからダメなんだな。r>gを持ち出さなくても、これは「金持ち父さん貧乏父さん」で既に同じ事が指摘されていることだが。
 あとは社会主義計画経済が如何に非効率かは、山形先生が紹介していたコルナイ・ヤーノシュがけっこう指摘していた。こないだ読んでだいぶ僕も整理できた。

 眠くなって話が発散し始めてますが、要するに、子供の頃から、なんで共産主義、計画経済なんてダメダメな物が一時は世界を二分するほどの勢いを持っていたのだろう、という疑問を持っていて、いろいろ読んでいたのですが、或る所で、要するにマルクスは別に読んで理解しなくても良い代物だ、と言う事が分かったんですな。分析自体は鋭く、労働者の必要な給料の額など重要な指摘もいくつかあるけど、基本的にはわざとごちゃごちゃと複雑に書いた与太の集まりでしか無いのですな。だから僕も全然読んでいないのです。読んでいないので上記の事も多分だいぶいい加減でしょう。

IMG_3594.JPG
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マルクスは読んでもしょうが無い [その他7]

http://agora-web.jp/archives/2041421.html
マルクス「資本論」の重大な理論的誤謬

 個人的にはこの「剰余労働」という概念が間違いの元だと思うのだが。必要労働と剰余労働の区別が付くとはとても思えない。これはそれこそマルクスの時代の小作人か、当時のライン工くらいなら当てはまるかも知れないが、いやそれでも当てはまらないだろう。
 資本論の交換価値の下りなんか意味不明で、これは著者がよく分かっていない典型であろう。
 資本論で読むべき所は、労働力商品化の価値の部分だけだ。要するに給料は労働者の「衣食住と娯楽の費用」「次世代の労働者の再生産、つまり結婚子育ての費用」「労働者自身の学習訓練の費用」の三つから成ると喝破した所だが、ここだけは真理であり、読む必要が有る。現代日本は給料が足りないから住むところは無いし結婚できなくて少子化は進むし派遣はスキルアップも出来ない。

 そしてもう一つ問題は、「窮乏化法則」だ。これが現代では否定されていると言うことだが、バブル後の現代日本の派遣などの底辺労働者を見れば、まさに資本論に描いてあることがそのまま起きているとしか思えない。どんどん貧しくなってるじゃん。
 戦後のバブル前の日本ではなぜ窮乏化が起こらず、丸山眞男が「革命を起こさずに豊かになるとは思わなかった」と言うほどだったのかというと、単に戦災復興ブーストが起こって全体的に豊かになった様に見えたからというだけだからだ。
26672.jpg
 もちろん戦前と違って東京じゃモダンなビルが建って地下鉄まで走っている(戦前の銀座の写真とかみるとモダンで華やかで驚く。真っ暗で物資が不足していたのは敗戦直前の1~2年だけだからね)後ろで東北では飢饉で娘の身売りが横行、と言う事は起こらず、戦後は再分配が上手くいっていたのは確かだが。
 で、70年代以降一通り復興してしまった後は低成長になってしまったのだが、なんてことは無い、先進国並みの低成長率に収斂してしまって、ゲームのルールが変わってしまったことに気がつかずに、人件費を抑制していればそのうちなんとかなるだろ、と我慢し続けて結局なんともならなくなったのが現在なのだ。日本に必要なのは人件費抑制じゃなくて事業の効率化だったのだ。
 若者が車も買えないどころか結婚も出来ず、労働力の再生産に失敗しているところなんか、上述の通りまさにマルクスの指摘そのまんまなのである。
 「窮乏化法則」は成立するのではないかと思うが、革命は起きないだろうね。日本では、労働者全体が窮乏化したのでは無く、労働者の中でも特に弱者にしわ寄せを押しつけた格好になっているからだ。正社員は労働組合が守ってくれるが、派遣など真の弱者を守ろうとする左翼インテリは居ない。日本の左翼は弱者や経済に無関心で、憲法や第三国の利益など、自分で考える必要の無い馬鹿でも活動できる分野にしか居ないからだ。
 ちなみに僕はマルクスは全然読んでいないので、よく分かりませんが、ハチャメチャおじさんが格好つけで大言壮語したモノを後世の人が分からずに真面目に取ってるだけのような気がします。分析の面ではいろいろと凄いのは確かで、現在でも通用する部分は沢山あるのですが、まあ文学であって経済理論じゃ無いよね。

IMG_3893.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

TPPでモザイク解禁 [その他7]

 さっきハッと気がついたのだけれど、「日本人は~ここが悪い」とか「日本のここが悪い」とか一日中言っているアカウントって、西洋かぶれリベサヨ以前に、一日中日本のことばかり発言しているという点において、日本が大好きなんだね。嫌韓のそれと全く同じで
 日本が嫌いとか日本人であるのが嫌だと本当に思っているのなら、黙って移住して黙って他国の国籍を取ってるはずだよね。そうせずに日本に住んで一日中文句たれているのは、要するに「嫌い!!(チラッ、チラッ)」というヤツであろう。
 だいいち、文句を言いまくると言うことは、文句を言えば改善する、と思っていると言うことであって、本当に絶望して見放しているのなら、文句なんか言わずに黙って無視しますからねぇ。

 これは某所でつぶやいたことを転載加筆したモノです

1417701641920.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヨイショー [その他7]

 なんか精神が汚染されてきているような気がするので、ついったはちょっと控えようと思います。そもそも、10年代になって個人ブログが廃れてきて絵描きの人が絵を上げるのがピクシブ等に集約されてきて、一時期ピクシブすら減ってついったに集約されてきたので、仕方なく画像蒐集のためについったを始めたのですが、それがいつの間にかけっこう一日中張り付いている羽目になってしまって。またついったでも某半島論争に嵌まりかけていて、これ精神衛生にあんまり良くないなぁと思った次第です。
 また、2017-18年あたりでロリ絵師Ban祭りが盛んになって、絵師がピクシブに回帰、またバウーや囲炉裏等の新サービスに退避する動きもあり、まあいろいろ。

++++++++

 ついったの某南京大屠殺や731画像論争を見ていてふと思ったのですが、たいていの外人って、画像の出典を気にするという習慣が全く無いのかな?と思いましたが、日本国内でも健康食品とかその他論争を見ていると、そもそも一般の人は言説の根拠、論拠、出典を気にするという習慣が全く無いのですなぁ。
 と言っても、やたら古くて、写っているモノも見慣れていなくてシチュエーションが推測しづらくそもそも出典不明の写真を見せられて、これはこういう写真です、と言われて、たいていの人は・・・まあ信じちゃうのかねぇ。まあ普通の人は大嘘発言をするインセンティブが無いはずだからなぁ。
 まあ僕は若い頃に2ちゃんの文化に触れているので、発言を見ても「ソースは?」と考えるし、その投稿がどのくらい妥当なのか自分の知識の中でだけで、いちいち検討する習慣が付いているけど、いや実はわりと脊髄反射しまくっててあとで恥かいたりすることも多いけど。(爆
 それでハッと思ったのは、たいていの人は「その投稿の内容は正しいかどうか」なんていちいち気にしていないと言うことなんですな。たいていの人は「その投稿をしている人が信用できるかどうか」しか見ていない
 そしてこう言ってしまうと、これはネットに限らずごく一般的な事なんですなぁ。なにせたいていの人は高等教育機関で文献批判の訓練なんか受けていないので、システム1の好悪と善悪の区別が付いていない判断行動しかしていないのだ。詐欺師はまず対象の信用を得てから、だんだん変な方向に誘導して行くのですが、極めて有効なんですねぇ。
 これはまあ匿名実名論争にも関連するのかなぁ。2ちゃんやふたばみたいな、そもそも誰が何を言っているのか何の保障も無いところでは、自分でいちいちその発言を吟味するのが前提なんですな。ところが顔出しで発言する所では、「その人の言っていることは正しい」事が前提になっていますからなぁ。また昔はそれでも大丈夫だったのですよ。なにせマスコミが何を書いているかなんて一般の人には検証不可能でしたし(爆)、また専門家も、自分の専門分野についてしか公に意見が載るようなことはありませんでした。
 そう、これは、特についったでいろいろな人が時事ニュースについてコメントするようになって顕在化したことなのですが、どんな偉い学者でも実務家でも、自分の専門分野以外には詳しくないのです(トートロジー)。だから自分の専門分野以外については、それこそ床屋政談以上の発言なんて出来ません。昔は、自分の専門分野以外に何か公に発表することなんて無かったのですけどね。
 だから、普段ついったで無茶苦茶言っている人が、自分の専門分野でちゃんとしたことを突然言うのは(例えば我らが田母神っちが軍事防衛のことになるとまともな発言になるなど)、それは突然目が覚めたとかじゃあ無くて、それが当たり前なのです。
 実名匿名論争と言えば、00年代に大活躍していた小谷野先生なんか、なぜネットの発言が実名で無ければ成らないかというと、反論するために発言者のバックボーンを調べられないからだみたいなことを言っていましたが、2ちゃん文化で育った側からすると全くナンセンスな訳です。テキストのみで評価すべきであって、発言者の信用度なんて全く意味が無いのです。匿名だと論争が不利になったら身を消すだけなので卑怯だとも言っていました(まあその面はあるのは確か)。
 とすると、実名で発言していると、「間違いを絶対認めない」インセンティブが発生すると言うことでは無いのかなぁ?なにせたいていの人は「自分の間違いを認めて知識をアップデートする」事に意味を見いだしていなくて(知的訓練を受けていないと理解できない)、「この人は間違ったことを言った」評判だけが残るのなら、とにかくあれこれ反論したり論点をずらして一方的にまくし立てたり、ついったをブロックしてしまってだんまりを決め込んでほとぼりが冷めるのを待った方が実は合理的になってしまうのですな。

++++++++

 「なぜ日本のマンガアニメ絵は鼻を省略するのか」という意見が合ったが、そりゃシミュラクラ現象を利用してるからですよ。ありゃ目と口が逆三角形に並んでたら顔と認識して、鼻が要らない!!
 と言うか、日本の漫画アニメ絵は、現実を省略していってあんな形になったと言うより、ボトムアップ的に記号を並べてそれを認知生理学的というか、人間の認知機構を上手く利用して表現していると言う方が、よく理解できると思います。海外の萌え絵でなんか違和感があるものは、記号の塊として描いていなくて、現実の省略として描いているから逆に違和感を憶えるモノだと、僕は勝手に考えています。

++++++++

 上記の事はどれもついったに連投しようと思っていた事なんですが(ついったで見かけた話だからね)、面倒くさいし、長くなるし、ついったはちょっと距離を置こうと思うので。

1391673715285.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おっぱいがいっぱい [その他7]

 まあ要するに、こないだから、いや、ちょっと前(春先から)から、ギャラクシーエンジェル全話感想でもやるか、と思って、ブルーレイボックスを引っ張り出して、再度総チェックしていたのですが、1期の途中で挫折して夏も終わりかけになっています。
 あれほど嵌まったのに、と思っていたのですが、いざ見直してみると、憶えている話と憶えていない話の差が激しいというか、面白い回は憶えるまで繰り返し観ていたのですが、面白く無い回はホントに全然観ていなくて、こんな話があったのか、とほとんど憶えておらず、しかもそう言う話は今見てもやっぱり面白くなくて辛いという。
 まあ20年も経って、自分の感性が変わっているかなーと思ったけど、変わっていないというか、でもやっぱり今見るといろいろ辛いとこともあります。

 とかなんとか言っていると、9月からバンダイチャンネル他で見放題になるらしいですね。良い世の中になった物だ。
 まあガチ感想文描かずに、1話2-3行のペースでならやれるかな。と言うか、夏コミが終わり、懸案だった発表もこないだ終わったので、精神的に割と余裕が出てきたので、ぼちぼちやります。

1298354459620.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -