So-net無料ブログ作成
検索選択
旅行記 ブログトップ

ドイツ旅行記その3 [旅行記]

3月29日

 本当にだらだらショッピングだけの日だった・・・。
 まず午前中はショッピング。昼はホテルのラウンジで只のケーキを食べてすます。
 午後もショッピング。鞄とか靴など革製品が安い!!少なくとも日本の半分の値段だね。
 夜はイタリアンかフレンチかわからんレストランで軽くすます。そのあとラウンジで只ビール。
 ちなみに言っておくが、ラウンジサービスはエクゼクティブの高い部屋を取ってないと使えないよ。一応金払うところには払っているのだ。

P1000369.jpg
↑ハンブルグ市庁舎は立派だが、中を観光すると2時間コースらしいので、結局入らなかった・・・。

3月30日

 朝は10時にマイセン専門店で知人と待ち合わせ。小さな店舗だが、本当にマイセンしか置いていない。さすがドイツである。昼は安いところで適当に食べる。
 さすがにハンブルグくんだりまで来てショッピングのみというのもアレなので美術館に行く。近代美術館でポップアート展をやっていたが、村上隆とウォーホルばかりというハズレ展覧会であった・・・。なぜドイツくんだりまで来て学園祭実行委員会のチラシを受け取らねばならぬ。
 そして恒例の前日空港ルート確認。ハンブルグはアウトバーンの出口のすぐ傍とかではなく、街の中を普通の道路を走っていく。というか、現地の人から、アウトバーンは渋滞がひどいのでやめた方が良いと言われたのだ。地図を見て自分で良さ気なルートを決めるよりも、道路標識に従っていった方が良いことが判明。ホテルのある中心街から抜ける道を探すのに手間取って、やはり空港へのルートは確認しておくべきと毎回のように分かる。
 その後疲れてラウンジで只おやつを喰いまくる。おかげで夕食時になっても腹が減らない。でも街にくり出て適当に良さ気な店に入ったら、ドイツ盛りのごついディナーが腹にはいるから不思議だ。体がドイツになれてきた頃に帰国になるのは毎回辛い。

P1000811.jpg
↑ハンブルグは運河の街です。もうちっと運河の方を観光すれば良かったな。うまく決まった構図の写真が撮れませんでした。

3月31日

 6時起床だったが、4時5時に目が覚めて全然眠れなかった。昨日の晩からすごい雨と雷だったが、午前中の飛行機だったので、6時半の朝食開始と共に食い始めて、即出発の予定だったのだが、まず6時半前にホテルの部屋から出てみると、防火扉が全部閉まっていて、何か様子がおかしい。レストランに入っても、どうも非常灯しかついてないみたいだし、どうも雷が落ちてホテル全館停電したらしい。聞くとハンブルグの街全体で停電したそうである。ヨーロッパで地震に遭ったことはあるが、ホテル停電は初めてである。
 朝飯を速攻ですませて、照明がついたり消えたりしていたので、では部屋に戻ろうとすると、今度はエレベーターが完全に止められていた。仕方がないので非常階段で5階まであがる。僕も息が切れそうだったが、同行人もばててた。
 しかし、ベルボーイを呼んだのはいいが、トランクとか担いで階段で下まで絶対降りれないぞと言っているうちに、なんとかエレベーターも動きだし、無事に出発。
 道路は、郊外からハンブルク中心街へ行く方向は目茶苦茶渋滞していたが、幸い逆方向はすいていた。早く着いたので、国内便は一本早い便に乗ることができた。
 フランクフルトでは、同行人のために車いすを頼んでいたのだが、電動車がなかなか来ない。出発の時には両替や税金の払い戻しなど、けっこうやることが多いので、あたふたするが、幸い時間にゆとりがあった。出発ゲートとラウンジが目の前だったので、幸いにラウンジでゆっくりすることができた。
 国際便の中では、なんと「お医者様はいませんか」イベントが発生。聞いたところでは盲腸のなりかけ程度で、大したことは無かったようである。
 飛行機の中では夕飯の後寝たら朝食。

4月1日

 飛行機が着いたら1日の昼であった。無事に関空に付くことが出来た。そんなに暑くないが、やはり日本は湿気ていた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドイツ旅行記その2 [旅行記]

3月26日

 朝飯を食った後、11時に出発の予定だったが、なにせ教会や水道塔が開くのが10時なので、観光する余裕はないなということでホテルでだらだらして、10時半に出発。
 車でハノーヴァーへ。道をちゃんと確認していたので、途中でドライブインで一休みするも、2時前には着く。今度のホテルは中心街の真ん中の五つ星ホテルである。しかし、四つ星と違って五つ星ホテルは、ルームサーヴィスがある代わりに部屋に湯沸かしが着いていないので、コーヒーを飲むのにも面倒くさいという欠点が。
その後、落ち着いたらアルトシュタットを散策。腹が減ったのでカフェの屋外席でコーヒーを飲むも、5時過ぎから 急に天候が悪化して雨に降られる。這々の体でホテルに帰る。まあ近かったからね。
 せっかく五つ星のホテルに止まったんだから、レストランでディナーとしゃれ込んだが、がらがらだった・・・。ちなみに、メインディッシュの前までは非常においしかったが、メインで全てぶちこわしに。まあメニュー(ヨーロッパだからもちろんコース料理のこと)が42オイロと安かったのでしょうがないのかな。ちなみにメインを単品で頼むと30とか40オイロかかってた・・・。

3月27日

 午前中はまたも買い出し。土曜なので昼にはお店が閉まっちゃう。ドイツはそこら辺厳格だからねぇ。
 昼から世界遺産の教会があるというキルデスハイムに。僕はそういうの興味ないからほってあったけど、同行人がろくに地図も名前も確認せずに来てしまったことが判明。おいおい。とりあえず町の中心にある教会に行ってみたが、明らかに新しくて世界遺産っぽくない。
 次は町全体が世界遺産というゴスラーに。苦労してアルトシュタットに行ってみるとなるほど古くさい。しかもちょうど教会のお祭りに遭遇。中世のコスプレをした人が出店をやっていて、芸人とか来ていて非常におもしろかった。

P1000259.jpg

↑このあたりは雨が多いので、屋根を石で葺いてあるところが特徴である。

P1000290.jpg

↑屋台の人がみんな中世のコスプレをしていたのだが、良い写真がなかった。

 夜は、ホテルは勘弁と、近くのレストランに入る。おいしかった。

3月28日

 今日から夏時間。ニュースでも頻繁にやっていたし、ホテルにも張り紙がしてあった。
 だらだらして昼前に出発、ハノーヴァーを出発し、ブレーメンに寄り道する。
 ブレーメンは、「ブレーメン、ブレーメン、俺たちゃブレーメン」でお馴染みのブレーメンである。赤ずきんももう3年以上も前のネタになるのかと思うと悲しみで心の汗が。ブレーメンは街は古かったが、観光名所としてははりまや橋クラスのがっかりポイントであった。町は古くて立派だけど、普通のドイツのアルトシュタットでしかないんですなぁ。

P1000316s.jpg

 昼飯を軽くすませ、ハンブルグへ。しかし、ブレーメン−ハンブルグのアウトバーン1号線が、ずーっと拡張工事中で、70-80キロしか出せず、通常の半分の速度しか出せず、かなりげんなりした。
 ハンブルグでホテルに入り、だらだらした後街を散策。日曜だからお店は、トルコ系とイタリア系の飲食店くらいしか開いていない。それもまたドイツの良いところであろう。だからウインドウショッピングである。
 運河のほとりのレストランで食べる。このころになると、ドイツの食事量にも慣れて、全部完食するまでになった。しかしビールは飲む。
 その後さらにハンブルグ中心街を散策。明日はホテル周辺でショッピングだけでいいのでは、との話となる。まあ元々ノープランの旅だったし。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドイツ旅行記 [旅行記]

 むむん、写真整理をしていて気がついたのだが、ドイツでは買い物ばっかりでまじめに風景を撮ってなかったことが判明。もうちっと使える写真があると思ったのだが、全然無かった・・・。

3月23日

 朝5時半起床。6時に家を出て6時半の関空行きのバスに乗る。
 9時前には関空に到着、つつがなく出国して、ルフトハンザのラウンジでビールを飲んだ後、搭乗。昼食でビールを3杯飲む。その後軽食、到着直前に夕食。
 フランクフルトでは、車いすを頼んでいたのだが、車いすどころか電動車が登場。大きな車が通る関係で、フランクフルトターミナル内の普段は通らないルートを通ったのでおもしろかった。
 ハンブルグまでの国内便でまた軽食が出る。
 ハンブルグからレンタカーでリューネブルグへ。何とか到着。ヨーロッパ時間で8時頃着いた。
 その後リューネブルグ市街地を散策。目星をつけていたレストランへ。これがまたドイツ基準の量が出てくるから、量が半端ではない。うっかり日本基準で考えて注文しちゃったから、食べきれなかった。しかしビールが旨い。まず苦くない!!これポイント。日本のビールはひたすら苦いだけですからなぁ。今日何食喰った??6食くらい食べたような・・・。

P1000803.jpg

3月24日

 朝8時頃朝食。旨い。
 午前中はリューネブルグの中心街で買い物。市庁舎前で市が開かれていた。そこでケーキを買ってきて、それが昼食。
 午後はまた買い物。今度は一人で好きに歩く。あと写真も撮る。
 ホテルに戻って一休みした後、6時からリューネブルグ近郊の知り合いの家でお呼ばれ食事。ディナーですな。ドイツの一般的な家庭料理とのことであったが、やっぱり量が多い!!腹がはち切れるよー。9時半頃までいる。その後ホテルに帰る。

P1000136.jpg

P1000150.jpg

3月25日

 朝食後、リューネブルグのラートハウス(市庁舎)の中を見学させてくれるというので見学。もう一般公開はしていないようで、特別に入れてもらった。さすが数百年建て増し続けたとあって、バロックからルネッサンスまで様式は様々。
 昼は知り合いのところでランチ。その後墓参りをする。これでこの旅行の公式行事(?)は終了。あとはノープランである。
 帰りにウェルツェンの駅舎に寄る。フンデルトヴァッサーのデザインとのことであったが、確かにそうであった。ただ、駅があるだけで、若者がたむろしていて雰囲気は良くなかった。
 夕方またリューネブルグ市街を散歩した後、おととい入ったレストランにはいる。時間が早かったせいか、団体旅行者が大勢いて、満席で、ビールがくるのに一時間くらい掛かった。しかし旨かった。
酔っぱらってホテルに帰り着くとそのまま寝る。

続く
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
旅行記 ブログトップ