So-net無料ブログ作成
検索選択

祝!ばくおん!アニメ化(本文は全く関係ありません) [その他6]

>傾きマンション

 悲劇なんやな。作業が終わった後で、ミスでデータが取れてなかったとか言い出せなかったんだなぁ。細かいミスを言い出せなくて、後ではちゃめちゃになるなんて、僕が学生の頃はそういうのやりまくったから(マテイ)、あんまり非難する気も起きない。
 まあそれはそうと、分譲マンションってリスクの塊で、とても一般人が買う代物では無いと思うのですけれど。なにせ購入した後、個人の力でどうしようも無いリスクが多すぎる。まあ建物自体が駄目なんてのは滅多に無いとしても、住民の3割がドロップアウトするだけで積立金その他の問題で補修が出来なくなったり、中国人やアジア人住民が増えれば即スラム化したり。一戸建てなら、家の補修くらいは個人でもなんとかなりますし、権利関係はまだ単純だから、地域がスラム化してもなんとかなるかも知れませんしねぇ。

http://agora-web.jp/archives/1658476.html
軽減税率にはインボイスが必要だ

>しかし食材の税率が8%のままでレストランが10%に増税されると、食事代は税込み1100円で納税額は100円になり、税負担は100円-40円=60円、つまり付加価値500円の12%になってしまう。このときはインボイスで食材の税額が40円であることを税務署に証明し、レストランの税額を50円にしてもらう必要がある(食事代は税込み1090円になる)。

>ところがインボイスがないと原価が証明できないので、税率8%の商品を仕入れて10%課税されると、消費税の超過負担が生じる。だからサービス業者は、軽減税率の商品をなるべく仕入れないようにする。皮肉なことに新聞の税率が軽減されたら、企業は新聞の購読部数を減らすだろう。

 一般の人は、いや一般どころか業者でさえ、こうしたらこうなると一段階先を考えもせず、「税金安くなったらうれしいな」くらいの発想で行動しているのが涙を誘う。

http://cocoopit-2.hatenablog.com/entry/2015/09/14/140754
軽減税率で税金が安くなる! と喜んでいるあなたへ ・・・勘違いしてるだけです

 現代では所得の階層で、エンゲル係数があんまり代わらないから、食料品を減税しても、全然貧乏人対策にならないという話。所得とエンゲル係数にすごい相関があったのは前の世紀より前の話ですからなぁ。
 と言っても、まあニュースでこないだ還付金が一般的な家庭で月4000円くらいとか言っていたが(記憶が曖昧だがそれくらいのオーダー)、そうしたら、還付するための設備投資が明らかに割に合わないよね。利権の温床にしかならないし、全く駄目だ。
 ヨーロッパじゃ、とっくに軽減税率は駄目だと言う議論になって、そろそろ改正するか、と言う話になっているのにね。

1311526134330.gif

あ~、○○○がぴょんぴょんするんじゃ~ [その他6]

http://www.j-cast.com/kaisha/2015/09/24245627.html
「息子3人を東大理IIIに」が話題 「実にもったいない」と思った理由

 もったいないよね。と言うのは医者というのは、東大や京大でiPSみたいな世界最先端の研究をするので無ければ、つまりほとんどの医者は紛う事なきL型産業なんですな。コンビニの店員よりは給料も良いし、「先生」とちやほやされるだけマシくらいな物で。地域住民の不満を解消するという点ではコンビニ店員と変わりません。
 だから、日本の最高の頭脳が医学部に集結するのは非常に問題だと思います。やっぱり他の理系分野にまんべんなく頭脳が行き渡るべきだと思います。医者は馬鹿じゃつとまらないけど、二番手三番手の頭脳で結構。
 しかも、日本の人口は減る一方で、今は老人人口は増えているけど、そのうち急速に減少に転ずるし、その前に大幅な医療費の削減は免れない。医者というだけで良い暮らしが出来る時代ももうすぐ終わろうとしています。

IMG_8271.JPG
↑これ真剣に考えた方が良いよね。すくなくとも、80歳以上に先端医療とかマジ金の無駄だし。

風邪引いて寝込んでます [その他6]

>ノーベル賞

 良かったのぅ。と言っても、明らかに70年代以前の結果が今評価されているだけで、日本の科学のお先は真っ暗だ。

>ノーベル平和賞
 
 9条にでも出せば面白かったのに。しかし、われらが大作ちゃんも候補に入っていたというのだから権威は零である。

>孔子平和賞

 我らが村山元総理も危うく貰うところであったとのこと。貰えば良かったのに。まあ中国軍事パレードを体調不良とか言って直前で回避するくらいの知性はまだ残っていたみたいだけどね。しかしジンバブエ大統領か村山っちかの二人で決戦投票とか熱すぎるだろ。

++++++++

 風邪引いた。

 昔のハードディスクが、数年ぶりに発掘したら動かなくなっているのだが、まあこれはモーターの流体軸受けが固まってるだけなんだろうけど、これを復活させるのはなかなか難儀。調べると、HDDのふたを開けてディスクを手で回せとか書いてある。まあ一度動き出せば大丈夫なんだろうけど、ハードル高いなぁ。HDDサルベージ業者に頼むと、一つ6桁とかの凄い値段になるので、業務用でも無い限り無理だろ。

 あとは、昔のPCと今のwin10マシンをつないでデータを動かそうと思ったら、なんか中が見られないのだが、あれこれ弄るよりもUSBメモリでも使うか、DROPBOXに全部ぶち込む方が遙かに早いのよね。なんか同じ家の中のデータを動かすのに、世界の果てを経由した方が早いとは・・・。

1436536565763.jpg

僕のイケない蟯虫検査も廃止寸前です [その他6]

http://agora-web.jp/archives/1656759.html
学校は勉強するところではない

>つまらなかろうが中身がなかろうが、子どもを静止させておける授業がよい授業とされているし、保護者もそのような授業をよい授業と評価する傾向がある。その内容如何によらず、私語や忘れ物といった規律を乱す行為が最低の行為なのである。勉強ができるかどうかなどは二の次なのだ。みんなが茫洋とだが姿勢よく授業を受けているから、自分も受ける。これが大事なのである。
>このように考えると、大阪で大惨事となった10段ピラミッド倒壊事件も理解ができる。「みんながやっているからやる」のである。その思考様式と態度を涵養するのが学校である。危険性なんて関係ない。そして、その姿に保護者は感動してしまうから問題は厄介である。
>「みんながやるからぼくもやる」この姿勢が日本社会ではなににもまして尊いのである。「友がいくからおれもいく」という特攻隊の姿に感動してしまう時代となんらかわっていないのだ。

 まあ教師がバカ左翼と言うより、とにかくもめ事を起こさないことが最重要課題になって、そのためには全員になにか目標を強制させるのが一番手っ取り早いからなぁ。保護者もそもそも学校に何を求めなければいけないのか分かってないし。「先生の言うことを聞いて揉め事を起こさないようにしましょう」くらいのことは本当は家庭で躾けておくべき事なんですけどね。
 規律も躾けない、成績悪い子は教育の恩恵も明らかに受けていないし、そしたら、なんのために学校に行くのかよく分からないですねぇ。

>会社とて、「とがった人材・個性をもった人材求む」といいつつ、「でも社内の空気は読んでね」と無理難題を学生や教育機関に求めているきらいもある。

 正確には「会社を救うような独創性と高い能力を持って、且つ従順で忠実な人材」という都合の良い人材を会社は求めているんですな。死ねば良いのに。そして、大学で学ぶことはたいてい会社では役に立たないので、会社は大学に教育機関としての役割を全く求めていなくて、選別ランク付けの機関としか見ていない。

http://agora-web.jp/archives/1656882.html
学校は教育に向いていない

>学校が本質的には規律=訓練の装置だという指摘は、フーコー以来ありふれたもので、日本に特有の事情ではない。というより日本の公立学校は、ヨーロッパをまねて明治時代につくられたものだ。それまでも日本には水準の高い塾や寺子屋があったが、それは職業的なスキルを学ぶ少人数の教育の場であり、学校のように集団的な規律をたたき込む軍事的な訓練の場ではなかった。
>要するに、学校という大量生産型の施設は、教育という個人差の大きいサービスには向いていないのだ。

 明治の文明開化の時には、とにかく早急に一定の教育を全国に普及させる必要が有ったので、集団に均等な教育を与えられる学校教育は都合が良かったので、このときには意義がありました。まあ、21世紀にもなると、確かに今の集団教育がどれだけ効果があるのかは分からないですね。集団生活、規律の訓練の場としても全く役に立ってない場合が多いし。そしたら学校に通うメリット無いですねぇ。まあ同年代の友達を作る場としては・・・。いまは学校以外にも手段があるだろうけど。金があるならちゃんとした教師を自前で雇うのが一番良いんですよ。もちろん全員がそんなこと出来ないし、国民全員に教育は行き届かせないとやっぱり国が駄目になるので、そういう意味で集団教育は必要かなぁ。

>それより塾のような少人数で個別に指導できるしくみが望ましいが、どこの国でも高学歴化が進む一方だ。高度な知識が必要になると、学歴はジョブ・シグナリングの装置として重要になるからだ。
>このように学校は、近代初期の軍事的な訓練装置としての機能から、子供を選別する装置に変わりつつある。教育には、学校という入れ物はほとんど必要ない。特に文系では、インターネットがあれば、大教室授業で出席を取るといった昔ながらのやり方はまったく無意味だ。

 どちらかというと、学校が無くなると、人材を選別しなくてはならない企業が困るという話。でもそれって本末転倒よね。

>逆にいうと、これから日本で重要になるL型(ローカル)産業として、教育には大きなイノベーションの余地がある。アゴラでも経済塾や読書塾などささやかな試みをしているが、もっと大資本を投入して、斬新な教育機関をつくるベンチャー企業が出てきてもいいだろう。

 そうはいかないと思うけど。本人に必要な内容を適切に教育するって難しいよ。と言うか初等中等教育の中身なんて、自分にどんな教育が必要かを判断するための材料でしか無いからねぇ。ある程度知識が無いと、そもそも自分で判断するほど考えることすら出来ないのよね。だからガキが「学校では必要な知識を教えてくれない」とうそぶいていても駄目で、そんなことを言っていたらサバイバル術でも教えろと言うことになるし、そもそも今の中等教育の内容なんて、やっぱりまともに生きるためには全部必要なのよね。
 しかも就職すれば分かる話だけど、もうずーっと勉強しっぱなしなんですな。常に新しい知識、技術を吸収し続けないと駄目。学校で習ったことで一生過ごせると思ったら大間違いで、だから学校では即効性のある知識を教えても意味ないのです。
 眠くなったのでまた後日。すくなくとも5教科は全部必要ですよ。数学が必要ないとか微積が必要ないなどと言う人が居るが、もちろん微積なんて設計の仕事でもしない限りは直接使わないけれど、数学ってのは、理論的思考力を身につけるために習っていると言うことを、生徒だけじゃ無くて最近は教師の方が分かってなかったりするしな。つまり確率やら包含関係やら、計算だけじゃ無くて、日常の思考判断の際に、そういう概念を使用出来なきゃ話にならないのです。数学出来ない奴は文系の仕事でもやっぱり駄目ですね。この「直接使わないけど必要」ってのが理解できない低脳が、政治家マスゴミに多い。バカが上に立つと国が滅ぶんやな。悲劇やな。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-00000003-withnews-sci
乳牛になった女子高生に「濃いミルクを…」 ブレンディCMに賛否

 このCM作った奴エロ漫画の読み過ぎだろ。同人エロ漫画ばっかり読んでいると、こんなの普通になるけど、一般の人にはきつすぎると思うな。

02440.jpg

ゆっくりしていってね [その他6]

http://www.cnn.co.jp/business/35071220.html
エアバス、長時間フライト用「睡眠ボックス」の特許を出願

 これどこかで見たことがある!!

CAW_Q6FVIAIXr2D.jpg

++++++++

http://agora-web.jp/archives/1656539.html
朴大統領「南北統一近し」発言の背景 --- 長谷川 良

>ところで、先日、ある筋から、なぜ朴大統領が突然、来年にも南北再統一は可能と発言したか、その背景を聞いた。それによると、北朝鮮労働党幹部の一人が脱北し、韓国当局に北国内のホットな情報をもたらした。その内容を聞いた韓国当局者は、「南北統一は案外早いかもしれない」という印象を受けたというのだ。その報告を受けた朴大統領からは「南北再統一が来年にも」といった発言が飛び出したわけだ。すなわち、朴大統領の発言は巫女のお告げではなく、れっきとした信頼性の高い北情報に基づいていたというのだ。

 なるほどねぇ。

>朴大統領は日本の安保法が朝鮮半島の平和・安定に役立つだけではなく、不可欠ということを知っているはずだ。ただし、日本をこれまで激しく批判してきた朴大統領はそのことを口に出したくない。そのため、巫女のような曖昧な表現で「南北再統一近し」と警告せざるを得なかったのだろう。

 反日ブーストはやっぱりデメリットの方が大きいんだな。悲劇やな。

http://agora-web.jp/archives/1656537.html
企業はマイナンバー時代の副業ルールを見直すべき

>アゴラでも社会問題化するのではという趣旨の記事が上がっていますが、どういう経路でバレるかまできちんとわかっている人は多くないと思うので少し説明しておくと、まず代表的なのが住民税の支払い方が会社天引きの特別徴収だと、税額が給与に比べて不自然に増えるので会社に気づかれます。(なので、普通徴収だと会社はわからない)。また、社会保険料の場合、2つ以上の会社で社会保険に入ると、それぞれの会社の給与を合算し、額に応じて社会保険料を按分する必要があるので、副業先で社会保険に入るとこれまた会社にバレます。

>他にもバレる経路はありますがこれぐらいにしておいて、当然、このような取り扱いはマイナンバー前からずっとそうであり、上記のような経路でバレる可能性はあったのですが、人手や手間やコストがかかりすぎるなどの事情もあり手が回ってなかっただけ。よって、「マイナンバーによって副業がバレる」というのは厳密には正しくなく、マイナンバーによって手続が簡略化されると様々な法違反をしにくくなるので、結果として副業がバレるだけで、言うなれば本来のあるべき姿になるだけなのです。

 なるほど。この後は副業を無視できなくなるけど、完全禁止は物理的に無理だから、むしろ副業容認の流れになるのでは無いかとのこと。

1391608172048.jpg